お米を食べる少女
美味しさの秘密とは?

お米の美味しい炊き方は、ご飯を主食とする日本人にとって永遠のテーマです。 炊飯の基本はやはりお水ですから、良質なお水の確保が重要だといえます。 その点ウォーターサーバーであれば、何時でも美味しいお水でお米を炊くことができます。

お米は通常乾燥状態にあるので、これを水で戻してふっくらと炊き上げる必要があります。

美味しいお米の定義は人それぞれですが、一般的には適度な固さと弾力があって、お米本来の甘味が味わえるものです。

お米自体の質は容易に変えられないものの、本来の旨味を引き出して美味しく炊き上げることは可能です。

炊き方に工夫を行えば美味しさはアップしますし、ウォーターサーバーのお水を組み合わせれば、従来とは異なる美味しいお米が炊き上がります。

炊き方の要点は主に四つで、これらを踏まえれば必然的にお米は美味しい状態に至ります。

炊き方を一つ工夫するだけでも違うので、今まで何気なくお米を炊いていた場合は、美味しいお米を求めて挑戦してみるのがおすすめです。

お米は正しく量って研ぐ

炊飯器にお米とお水をセットするだけで炊き上がる現代では、炊飯に掛ける手間が減少しています。

以前はきっちりと量って炊くなど、手間を掛けなければ美味しいお米に炊き上がりませんでした。

しかし今は家電が進化して楽になっているので、手間を掛けなくてもある程度に美味しいお米は味わえます。 ただここで工夫を加えると、更に美味しさが増してお米本来の味が楽しめるようになります。

 

お米の量は計量カップを使い、正確に分量を量って研ぐようにしましょう。

計量カップに入ったお米

計量したお米は水でサッと洗い、精米時に付着した埃や油汚れを軽く落とします。

お米は水に触れると臭いを吸着するので、先に容器に水を張ってからそこに投入を行います。

手で軽く掻き混ぜると汚れが浮きますから、お水が濁ったら直ぐに捨てて新しく入れ直しましょう。

お米を研ぐ時はスピード感が重要で、時間を掛け過ぎると質が低下してしまいます。

金属の調理器具などで潰すように研ぐとお米が傷むので、基本的には手のひらや指を使い丁寧に洗います。

米粒同士なら固過ぎず丁度良いですから、擦り合わせるイメージで満遍なく研ぎます。

お水の濁りが薄くなって油などが浮かなくなれば、それはもう十分に研げたことを告げる合図です。

後は綺麗なお水にお米を浸し、水分をしっかり含ませてあげると、美味しいお米がふっくらと炊き上がる下地が完成します。

 

ここでいきなり炊飯器に投入するのは、美味しい炊き方とは相反する間違った方法です。

炊飯ボタンを押そうとする指

研いで直ぐに炊く炊き方では、炊き上がったご飯に余計な芯を残してしまったり、食感的に何処か物足りなさを感じさせます。

特に古米は乾燥が進み味が落ちているので、下準備を丁寧に行ってから、美味しい炊き方の本番に入るのが無難です。

古米の落ちた味をリカバリーする方法としては、丁寧な研ぎや水の浸しに加えて、良質なお水を使うというポイントが挙げられます。

質の良いお水はそれだけ飲んでも美味しいですが、料理に使えば食材の旨味が引き出せます。

お米の場合はお水の甘みが浸透して、傷んで味が落ちた部分を上手くフォローしてくれます。

例えば、ウォーターサーバーなら利用の手間やコストが気にならないので、毎日美味しいご飯を追求する人におすすめできます。

折角質の良いお米が手に入っても、肝心の水がいまいちで美味しくなければ、仕上がりはとても残念なものとなってしまいます。

逆にウォーターサーバーのように安定した品質のお水なら、毎日のご飯が美味しく楽しくなること請け合いです。

これなら美味しい炊き方における多少の手間も苦になりませんし、食事の質が上がって満足度が高まる結果に繋がります。

洗米や浸け置きには必ず冷たいお水を使い、少なくとも40分から1時間は浸け置くのが美味しい炊き方の前提条件です。

お湯は基本的に推奨できませんが、忙しくて時間がない時の最終手段にはなります。

浸け置き時間が経過したらザルでサッと水を切り、放置しないで炊き方の本番、つまり炊飯の段階に進みましょう。

水加減で好みの仕上がりを追求する

浸け置きを済ませて水を含んだお米なら、大雑把な水加減で炊いてもそれなりの仕上がりにはなります。

ところが味は良くても食感がいまいちであれば、手間に見合う感想が抱けなかったり、物足りなさを感じる恐れが強まります。

美味しい炊き方において満足度を高める要素には、好みに合う固さというポイントもあります。

食感は旨味をも左右する重要な要素で、主食ともなれば重要性が増すのは当然です。

幸いなことに、お米の固さは水加減で自由に調節が行えますから、丁寧な下準備が済んでいれば希望の仕上がりに近付けられます。

お米の水分を調整する様子

基本はやはり炊飯器の水分量通りに炊いてみて、そこから希望の固さを導き出すのが得策です。

次に固めが好きな人は水分量を減らし、反対に柔らかくしたい時は少し増やしてみましょう。

目盛り一つ分の増減は極端ですから、目盛りプラスマイナス十分の一以内を目安に、増やしたり減らすのが無難で安全です。

それを心掛ければ失敗するリスクはなく、仮に希望の固さには仕上がらなくても、食べられないという最悪の事態は避けられます。

下準備ができているお米は、基本的な水分は含み終えていますから、炊飯時に投入するお水は固さを調節するものと考えることができます。

勿論無水で美味しく炊くことはできませんが、目盛り分のお水さえあれば、十分に美味しいご飯が完成する可能性が高まります。

スイッチを入れて所要時間を待ち、炊飯器が炊飯をお知らせしても、直ぐに蓋を開けないのが鉄則です。

炊き上がりの合図は完成の知らせではないので、後10分から15分は我慢して蒸らしましょう。

お米を蒸らす時間を確認する時計

この蒸らしは美味しいご飯の炊き方の最終仕上げですから、もうひと我慢すれば夢にまで見たご飯が目の前に現れます。

暫く待って炊飯器全体が蒸気で満たされたら、いよいよ蓋を開けてご飯と対面することができます。

蒸らしが終わったらヘラでご飯を掻き混ぜて、余分な水分を飛ばしながら空気を含ませます。

釜の底の方は引っ付いていますから、これを剥がすように満遍なく掻き混ぜます。

混ぜるという最終工程を行うことで、お米が水分で柔らかくなり過ぎるのを防ぎ、粒の立ったご飯に仕上がります。

折角固めの水分量でご飯を炊いても、美味しい炊き方の最後に抜かりがあれば、余計な水分で食感が悪くなってしまうでしょう。

柔らかめがお好みな場合も最終工程を怠ると、期待した固さ以上に柔らかくなってしまい、芯が感じられないフニャフニャとした食感になり兼ねません。

炊き方のプロセスではそれぞれに重要度があって、手を抜いても良い部分と、絶対に省いてはいけない工程が存在します。

水分に関わる部分は手が抜けないので、美味しい炊き方を追求するなら、多少面倒でも省かずにきっちりと取り組むことが大切です。

ただし、お水という部分に着目して良質な物の用意を行えば、工程が少しいい加減になっても良い仕上がりに至ります。

お米に対するお水の影響力は大きいので、ウォーターサーバーなどの良質なお水を準備して、それから美味しい炊き方に挑戦するのが理想的です。

お水の一工夫も美味しい炊き方の外せないポイント

お米を研いだり炊飯する時に使うお水は、カルキを抜いておいた方がご飯を美味しくします。

カルキを含んだお水は、独特の臭いで味にも癖を付けてしまう問題を生じます。

カルキを含む水道水

数あるお水の種類の中でも、水道水はカルキを含む決まりになっているので、予め沸騰させるなどして飛ばすことが必要です。

一手間増えるので、子育て中などの忙しい家庭では負担となりますが、ご飯の美味しさと子供の健康を考えれば外せない工程です。

日本の水道水は厳格な基準に基づき供給されるので、そのまま飲んでも健康を害する心配は少なめです。

それでも料理の美味しさや味覚には影響しますから、食育中の子供にとってカルキはない方が良いでしょう。

水道水なら10分程度沸騰させたり、酸素に触れさせて24時間程度置くのもありです。

この方法ならお水の味が劣化する心配はなく、美味しいお米の炊き方に合致するお水として使えます。

反対に時間が掛かる難点はあるので、時間短縮を行いたいのであれば、中和剤やお茶とレモンを使う方法が使えます。

これらは短時間でカルキを飛ばせますが、多少なりとも味を変化させてしまうのが欠点です。

そこで、時間短縮が実現できて味の変化も避けられるウォーターサーバーの出番です。

この方法で供給されるお水は元々カルキを含まないので、中和も残留量の減少待ちも必要ありません。

本体から出てくるお水が直ぐに使えますから、水道水にありがちな下準備の手間が省略できます。

導入の初期コストは掛かりますが、継続的なコスト自体は低い上に、安全性が高く美味しさにも優れます。

良質なお水の新しい供給方法なので、この良さに気が付いた人は導入を始めています。

お米を研いだり炊くには案外沢山のお水を使いますから、ウォーターサーバーで足りるのかという不安が生じます。

その点は既に、調理分のお水という形で織り込み済みですし、仮に5人以上の家族であっても余裕を持って利用できます。

もしお水の消費ペースが速いとしても、宅配で定期的に供給してもらえるので安心です。

美味しい炊き方の極意はお水の質にありますから、この炊き方に挑戦するのであれば、ウォーターサーバーの前向きな検討をおすすめします。

ウォーターサーバーなら子供にも安心して飲ませられますし、大人も良質なお水の味が毎日味わえます。

安心する子どもと大人

ジュースに比べれば遥かに健康的で、コーヒーやお茶に使えば美味しい淹れたてが楽しめます。

野菜を洗う時にもカルキの心配はなく、調理に使う分は食材の旨味を引き出してくれます。

肝心のお米の場合は安全かつ良質な水分が浸透して、ふっくらと味わい深いご飯に導かれるでしょう。

カルキさえ抜けば、水道水でもある程度は美味しい炊き方の手間と期待に応えてくれますが、ウォーターサーバーと比べれば負けてしまいます。

何故なら厳選されたお水が選ばれ、そして安定的に供給されるからです。

カルキのあるなしに関わらず、お水は本来の質が味を大きく左右しますから、水道水だと簡単に限界に到達してしまいます。

美味しい炊き方で納得するにはお水が最も重要

手を掛けて美味しい炊き方をしても、肝心で要の部分が疎かでは満足感がいまいちです。

このいまいちの感覚は気の所為ではなく、人間の優れた味覚のセンスによって気付かされます。

長年毎日のようにお米を食べてきた人であれば、使うお水が変わっただけで気が付けるはずです。

それだけご飯に関するお水の支配力は強く、美味しいご飯を希望して炊き方を工夫しても、お水が駄目だと全てが台無しになります。

水道水はカルキ飛ばしで使えるお水になりますが、評価は及第点といった所で最低ラインです。

市販のミネラルウォーターは悪くないものの、日本人に馴染みの薄い硬水であったり、軟水でも種類が多過ぎて選ぶのが困難です。

何よりも箱買いは重労働ですし、宅配してもらうにしても手間やコストが掛かります。

ペットボトルを処分する負担も馬鹿にできませんから、手軽な水道水の代替には中々ならないものです。

逆にウォーターサーバーは本体の設置を行い、受け取ったボトルのセットを済ませれば直ぐにお水が使えます。

使い終えたボトルは回収してもらえる場合が多く、捨てるタイプでも潰して簡単に処分できます。

カルキの懸念も当然ながら不要ですから、何も難しいことを考えずに美味しいお米の炊き方が始められます。

時間がない時は普段通りに炊くだけでも、お水が変わると味も食感も大きく変化します。

まず最初に気が付けるのは、増した甘みや旨味の強さといった、味覚面での印象やインパクトでしょう。

ご飯の甘さはお米本来のものですが、お水が悪いと折角の魅力が覆い隠されてしまいます。

良いお水には食材の旨味を覆い隠す部分がないので、結果的にご飯が美味しくなるというわけです。

カルキが悪さをする部分は思いの外大きく、普段から慣れてしまっている人は中々気が付く機会がありません。

ウォーターサーバーは本来の美味しさを教えてくれたり、食材の魅力を引き出す切っ掛けとなってくれます。

美味しい炊き方でお米を炊けば、その意味や炊き方に関する工夫の効果が理解できるようになります。

赤ちゃんであれば良質なミルクが育児に不可欠ですし、就学児も食育の為に良い物を食べさせることが重要です。

ミルクを飲む赤ちゃん

美味しいご飯はお腹も心も満たしてくれますから、より美味しく安全な物を与えたいと願うのが親の気持ちです。

大人にとっても、美味しく炊けているご飯はお米に対する感謝の気持ちが理解できたり、食べられる幸せを噛みしめる切っ掛けとなるでしょう。

ご飯の質はやる気や生活の原動力にも関わるので、同じお米でもなるべく美味しい炊き方で作ることが肝心です。

その鍵を握るのがまさにお水で、ウォーターサーバーなら少ないコストと僅かな手間で、お米を理想的なご飯に仕上げられます。

安全性は高く供給の安定性も備わりますから、子育て中の家庭の忙しい親御さんにとっても、便利かつ心強い味方となります。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

毎日食べるお米、そしてそれに使う水だからこそ、この機会に改めて「水」の重要性に注目してみてください。

ここでは、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。