お米の美味しい炊き方をするにはミネラルウォーターを利用することが大切です。綺麗な水を手に入れていくには、浄水器とウオーターサーバーのどちらかを利用していくでしょう。それぞれのメリットを考え最適な選択を進めましょう。

お米の美味しい炊き方の方法

お米の美味しい炊き方の方法

お米の美味しい炊き方をするには綺麗な水を利用することが大切です。

ミネラルウォーターを使って米を炊くには一般的にはウォーターサーバーか浄水器を選択していくことになるはずです。

綺麗な天然水を量販店で買っていくのはコストも掛かっていきますし、買い物の手間も掛かっていくようになります。

自宅に浄水器かサーバーを設置していけば、いつでも自由なタイミングでミネラルウォーターを得ていくことが出来、お米を美味しく炊けるようになっていきます。

サーバーを設置していけば、定期的に採水から時間が経過していない天然水を自宅に配送してもらえますので、時間や手間も掛けずに綺麗な天然水を利用出来るようになります。

サーバーを設置していくには、販売代理店によって契約期間が違っていたりもします。

一度契約をしてからイメージと違うことに気が付き解約を検討していくにも、高額の違約金等が発生していく場合もありますので事前に詳細な確認を行なった方が良いでしょう。

ウォーターサーバーを自宅に設置するに当っては、どこの業者でも無料で行なっていくようになります。

カラログやデパートの展示会等で確認を行い、最適なものを選んでいくように心がけましょう。

ウォーターサーバーを契約するほどでは無くても綺麗な水を得ていきたいと考えるのであれば、市販の浄水器を活用するのも良いでしょう。

料金も安く、省スペースで利用が可能ですから、誰でも気にせずに気軽に利用が出来るようになっています。

蛇口に取付て水道のカルキを除くだけでも、お米の炊き方は変わっていきます。

浄水器も各社で性能の高い製品が提供されていますから、予算や都合にあわせて最適な製品を選んでいくことが出来るはずです。

毎日の食事を美味しくしていくには、お米を美味しく炊くことが重要です。

安心で安全な水を利用出来る環境を整え、日々の食事を美味しく食することが出来るように心がけていくことが大切です。

予算や目的に応じた製品を購入しましょう。

費用的に問題無ければウォーターサーバーの導入を

お米の美味しい炊き方を進めるにはミネラルウォーターが必要になっていきますが、予算的に余裕がある様でしたらサーバの設置を検討していくのが良いでしょう。

水道水を浄化するよりも、サーバの方がお米の美味しい炊き方が出来るのは間違いありません。

自宅にサーバを設置することで、採水から時間の経過していない天然水を気軽に利用でき、賞味期限を気にすることも無くなっていきます。

お米を美味しい炊きあがりにしていけば、食事も美味しいものとなっていくのは間違いありません。

自宅にサーバを設置していけば、綺麗な天然水をいつでも利用出来、美味しいお米をいつでも炊けるようになっていきます。

最近のサーバは美味しいだけでは無く、水素水のように健康的な水を提供する製品も出てきています。

芸能人やモデルが愛用する水素水は、身体の内面から美しく変えていくことが出来ます。

体内に水素水を摂取していけば、加齢により衰えた肌の活性化も行うことが出来、若返りも可能となっていきます。

消化吸収を助ける効能のある水素水でお米を炊けば美味しいだけでは無く、健康的な体質にも変えていけるはずです。

予算的な余裕がある場合にはサーバを設置、綺麗で健康的な水を摂取出来る環境を構築していくように心がけましょう。

高品質の水をいつでも飲むことが出来、美味しい食事を取っていくことが出来る環境を家庭に整えておけば、料理は勿論のこと水割り等も美味しく食することが出来るようにもなります。

蛇口に浄水機能を付けるほうが低コストで済みますが、予算的な余裕があるようでしたらサーバを自宅に設置する方が良いでしょう。

お米を美味しい炊き方が出来れば家族の団欒も変わっていきます。

自分にあったサーバの設置を心がけましょう。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

毎日食べるお米、そしてそれに使う水だからこそ、この機会に改めて「水」の重要性に注目してみてください。

ここでは、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。