美味しいごはんは毎日の食卓に欠かせないものです。お米の選び方や使うお水などを調整して炊き方を考えていくことで、より美味しいご飯を炊いていきましょう。お水はミネラルウォーターを使ってみるのが良いでしょう。

お米の美味しい炊き方を考える

お米の美味しい炊き方を考える

食事の中で特に大きなものとなるのがごはんです。

毎日の食卓でおかずは多くの種類があり、毎日異なるものを食べることになりますが、ご飯だけは毎日同じものを食べているということが多いでしょう。

量もおかずと比べて多くなることもあり、美味しく食事をとるためには欠かせないものとなります。

できるだけ味が良く美味しく食べられるものを炊いていくようにしたいものです。

そこで炊き方を気にしていく必要が出てきます。

もちろん最近では炊飯器を使うというご家庭も多いので、特にテクニックなどは気にすることなくご飯を炊くことができるようになっています。

しかし、なんとなく美味しく炊けないという事も多いのではないでしょうか。

そういった時にはいくつかのポイントを見直してみる必要があります。

まずは炊飯器の問題です。

古くなったものなどは熱の伝わり方が均一でなくなっている可能性もあり、美味しく炊けないという事にもなりがちです。

また、高価な炊飯器もたくさん出ていますが、様々な工夫がされていて美味しいごはんが炊けるようになっているものもあります。

こうしたものに変えて行くことでいつものお米がぐっと美味しいごはんへと炊き上がっていくことになります。

もう一つチェックしておきたいポイントとして素材があります。

美味しいといわれるお米を使って炊いていくことによっていつもの炊き方でも美味しいご飯が炊けます。

また、お米はその新鮮さによっても大きく味が変わってきます。

新米はやはり美味しいですが、いつもよりお水をちょっと少なめにする必要があるなどお米の状態によって炊き方が微妙に異なることもあるのです。

またお米はその都度精米したほうが美味しいと言われています。

こうした点に注意して炊いてみるといつもとまた違った美味しさに出会えるのではないでしょうか。

お米以外にもこだわって炊いてみると、より美味しいご飯が炊けます。

この点についてもう少し詳しく見ていきましょう。

お米を美味しく炊くポイント

お米を美味しく炊くためにはまずお米の選び方が重要です。

新米かどうかでも炊き方は変わってきますから、まずはこうした点を確認しておきます。

また、精米してしまうとその時点から美味しさは落ちて行ってしまいます。

少量ごとに精米できるお米屋さんを利用したり、少量パックのお米を買うなどしてみると美味しい状態を保ちながら食べることができるようになるでしょう。

こうした工夫をまず行ってみましょう。

そのうえで気を付けておきたい炊き方として、良い水を使うということが挙げられます。

ミネラルウォーターなどを利用すると味が変わってくるという方もいます。

ペットボトルで販売されているものもありますし、自宅でウォーターサーバーを使っている場合はもっと手軽に利用できます。

ぜひご飯を炊くときに利用してみるとよいです。

炊くときはもちろんですが、研ぐときにもお米が吸い込んでいるものですから、この段階からミネラルウォーターを使ってみるとよいでしょう。

これにより美味しいごはんの下地ができます。

炊くときに水は大きな役割を果たしますから、こだわって選びましょう。

好みやお米によっても合うものが変わってくるので、適したものを探していくという事も大切です。

楽しみながら美味しい組み合わせを探していくことが大切です。

研いだ後は少し放置してしっかり吸わせるようにすると中まで浸透してしっかり炊けるようになります。

毎日食べるものだからこそできるだけ美味しいものを食べるようにしていきたいものです。

お米はもちろんですが水の使い方や炊くときの加減などを調整しながら、美味しいご飯が炊けるようにしていきたいものです。

こうした点に注意しながら美味しいごはんを炊いていくようにしましょう。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

毎日食べるお米、そしてそれに使う水だからこそ、この機会に改めて「水」の重要性に注目してみてください。

ここでは、おすすめのウォーターサーバーをランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:ピュアウェーブ

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:楽水

楽水ウォーターサーバー
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。